在宅向け

玄関

介護保険住宅改修適応商品

かまちでバランスが崩れる

利用者 60代 男性
身体状況 足腰が弱くなっている
設置目的

段差解消

使用製品

・手すり付ステップ台

現状

・玄関のかまち部分が2段式。
・かまちが斜めになっている。

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

かまち が2段式で、しかも作りが直角ではなく(119度)斜めになっているため、昇り降りが難しく、バランスを崩しやすい。トイレの出入りの際、脚を踏み外しやすい。

問題解決のポイント

土間までの高さ(460mm)を3等分し、3段のステップ台を設置しました。トイレドアの開口部は”かまち”と同一平面とした。ステップ台の天板は、玄関引き戸とのスペースを確保するため、”かまち”と直角となるようにせず、敢えてひし形とした。昇り降りをより安定するようにステップ台に手すりをつけた。

導入の流れ
ご利用者様の声

外出の時、かまちの昇り降りやトイレの出入りの不安がなくなりました。

使用した製品
  • 手すり付ステップ台

お問い合わせ

ページトップへ