在宅向け

玄関

介護保険住宅改修適応商品

框の昇り降りが大変

利用者 70才 女性 要介護2
身体状況 入院中に足腰の筋力低下
設置目的

歩行

段差解消

使用製品

・手すり付ステップ台

現状

・段差の昇り降りが困難
・框段差50cm
・蹴上可能高さ10cm

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

土間の框部分が段差50cmあり、段差の昇り降りが大変。ご利用者様は入院していた期間に足腰の筋力も衰えてしまい、脚を上げるのが難しく、さらに昇り降りが困難となっていた。使い勝手と安全面から手すりと階段を施工したかったが、ご利用者様から大規模な工事は避けてほしいとのご要望があり、大掛かりな工事が必要のないもので対応する必要があった。

問題解決のポイント

After

ご利用者様の蹴上可能範囲を確認すると段差が10cm前後であれば問題なく昇り降りができることを確認して、框部分を最後の段差にすることによって4段にしたステップ台を製作。下駄箱を撤去したことにより、設置スペースが確保できたこともあり、まっすぐよりも、ゆっくり昇り降りできる形状(上から見ると逆L字の形)にして提案した。使い勝手がいいように2段目の踊り場部分で靴の脱ぎ履きができるように、1、2段目の踏板は土足マット仕様とし、3、4段目は素足で昇り降りしても足が痛くならない様、ソフトマットにした。

導入の流れ
ご利用者様の声

昇り降りができなかった框も少ない段差になったことで昇り降りができるようになりました。手すりもついているので安心です。

使用した製品シリーズ
  • 手すり付ステップ台

お問い合わせ

ページトップへ