在宅向け

玄関

介護保険住宅改修適応商品

玄関までの動線が傾斜で掴まるところがない

利用者 女性
身体状況 片麻痺
設置目的

歩行

段差解消

使用製品

・手すり付きステップ台

現状

玄関までの動線は地面が傾斜になっており、掴まるところがない。

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

門から住宅玄関までに距離があり、傾斜となっている。壁面に手すりを取り付けることができるが、すべり止めマットを取り付けるには、冬場に地面の雪を融かしたり凍結を防ぐためのロードヒーティングが設置されているためビス固定ができない。

問題解決のポイント

After

動線を車庫内から玄関先へと変更した。
車庫内の階段には、1段あたり200mm程の高さがあったが、動線変更後は150mm以内で高さを解消した。
また、手すり一体型にした。

ご利用者様の声

幅もゆとりを持ち、1段の高さを低く製作したので、ゆっくり安心して上り下りすることができるようになりました。

使用した製品シリーズ
  • 手すり付ステップ台

お問い合わせ

ページトップへ