施設向け

大浴そう・個浴

浴そうの縁が高く、出入りが不安定

施設種類 サービス付き高齢者向け住宅
定員 入所 75床
設置目的

入浴

歩行

段差解消

使用製品 ・手すり付きステップ台
・浴そう用手すり
・浴そう内たちあっぷ
現状 ・浴そうの中までの動線が長い。
・手すりはあるが浴そうの縁が高く出入りが不安定。
・浴そうの中で握れるものがほしい。

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

浴そうの縁が高く、縁をまたぐ際に体勢を崩すことがある。つかまるものがない為、座位保持が難しい。浴そうで掴まるところがほしい。

問題解決のポイント

After

浴そうに入るまでの踏み台の高さを低くし、両手でしっかり手すりを握れるように手すり付ステップ台を設置した。浴の際、安心してお湯に浸かれるよう浴そう内ベンチを設置した。

ご利用者様の声

浴そうの中までの段差が小さくなったので、安心して出入りができるようになりました
。浴そうで座った状態でも握れる手すり付のいすがあるので安心してお湯に浸かれます。

使用した製品シリーズ
  • 浴そう用手すり

  • 浴そう内たちあっぷ

  • 手すり付ステップ台

お問い合わせ

ページトップへ