在宅向け

トイレ

日常生活用具給付対象事例

トイレでの移乗が大変。座位も安定させたい

利用者 30代 女性 身体障害1級
身体状況 脊椎損傷による下肢麻痺
設置目的

排泄

移乗

使用製品

・完全オーダー品(トイレ移乗台)

現状

・車いすでの移動
・車いすから便座への移乗が困難
・便座での座位が安定しない

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

一般家屋のトイレのため、斜め前からのアプローチに限られ、トイレでの座面への移乗が困難。スペースも狭いために、体を動かすのも一苦労で体力を消耗しやすい。
下半身不随のため座位を安定させることができず便座から落ちてしまうこともあった。また、後ろにのけぞってしまい、トイレのタンクに身体がぶつかってしまい設備を壊してしまうのではないかとの懸念もあった。

問題解決のポイント

After

便座の両サイドに移乗用の台を製作。斜め前からのアプローチでできるだけ体が近づけられるように便座よりも前に移乗スペースを出し、車いすに干渉しないようにR形状とした。後ろにのけぞってしまうところは移乗台と一体化した背もたれを製作して体を支えられるようにした。タンクにぶつかることもなく、設備を壊してしまう不安もなくなった。

ご利用者様の声

狭いトイレで座面に移乗するのは難しく、人の手を借りていたが、一人で移乗することができるようになりました。

お問い合わせ

ページトップへ