在宅向け

浴室

日常生活用具給付対象事例

新居でも一人で入浴したい

利用者 30代男性
身体状況 頸椎損傷 C5(四肢マヒ)
設置目的

入浴

座位保持

移乗

使用製品

・イレクター製入浴台

現状

・通常の浴室では、一人での移乗・入浴が困難
・転居に伴い、新居に合わせた浴室の洗体台が必要になった

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

通常の浴室では、入浴が困難でシャワーにも手が届かず、移乗もできない。

問題解決のポイント

After

車いすから移乗しやすい切り欠きをつけ、なおかつ座面の高さに合わせて移乗台を作製。また、洗体中の姿勢保持に背もたれを貼り、移乗・洗体を可能にした。

車輪よけの切り欠き

車いすの車輪やフットレスト、ブレーキレバー等を避けるための切り欠きを入れることも可能です。この加工を行うと移乗先により近づいて移乗することができます。

ご利用者様の声

新居でも一人で入浴ができて、本当に良かったです。

お問い合わせ

ページトップへ