在宅向け

トイレ

日常生活用具給付対象事例

今まで通りに一人でトイレをしたい

利用者 30代男性
身体状況 頸椎損傷 C5(四肢マヒ)
設置目的

座位保持

排泄

移乗

使用製品

・移乗台(合皮使用)

現状

・トイレに一人で移乗するために、台と頭置き場が必要
・新居に合わせたトイレの移乗台が必要

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

通常のトイレでは、移乗時が困難で左右に落ちたり、排泄ができない。

問題解決のポイント

After

便座と壁との空間を移乗台で補い、頭置き場も斜めに作製。頭を置きつつ、軸にして移乗ができ、背もたれがあることで体勢を崩すことなくトイレが可能になった。

ご利用者様の声

一人でトイレに行けるようになり、とても助かっています。

お問い合わせ

ページトップへ