在宅向け

トイレ

日常生活用具給付対象事例

車いすから移乗して一人でトイレをしたい

利用者 30代 男性
身体状況 頸椎損傷
設置目的

排泄

移乗

使用製品

・トイレ移乗台

現状

・車いすからトイレに一人で移乗するために、国立障害者リハビリテーションセンターにて訓練を行っている

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

通常のトイレでは不安定で、車いすから便座に移乗することが非常に困難なため、左右に落ちてしまったりして排泄動作に問題が多い。

問題解決のポイント

After

入口からトイレに向かって左側に引き戸があるため、手すり等も設置することができない状況だった。
便座の両サイドに車いすからの移乗用の台を設置したことで、一人でトイレができるようになった。

ご利用者様の声

車いすからの移乗ができるようになったので一人でトイレに行けるようになり、とても助かっています。

"トイレ"の在宅介護でお困り方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ