在宅向け

トイレ

日常生活用具給付対象事例

一人でトイレの移乗をしたい

利用者 男性
身体状況 立位が取れない、四つん這いにて移乗動作を行う
設置目的

段差解消

移乗

使用製品

・トイレ移乗台

現状

・手すり等摑まれる場所もなく、便座への移乗等の日常生活動作が上手く行えない

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

ご利用者自身で立位が取れず、四つん這いでトイレまで移動して移乗動作を行っていた。トイレは手すり等の掴まれる場所がほとんどなく床から立ち上がれる環境ではなかったため、便座への移乗がたいへん困難であった。

問題解決のポイント

After

掃除やメンテナンスのことを考えて3分割できる設計にした移乗台を設置した。また、段差を1段つけることで利用者が四つん這いで移乗できるようになり、昇降動作がしやすくなった。
今まで介助者が利用者を持ち上げていたが、ご利用者自身で便座へ移乗することができ、介助負担の軽減につながった。

ご利用者様の声

今までトイレに行くことが億劫になっていたが、トイレ移乗台を設置したことで一人で移乗ができるようになり、とても楽になりました。

"トイレ"の在宅介護でお困り方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ