施設向け

大浴そう・個浴

お風呂に安心してつかりたい

施設種類 介護付有料老人ホーム
定員 入所 50名
設置目的

入浴

座位保持

移乗

移動

使用製品 ・浴そう内いす
・オーダーシャワーキャリー
現状 ・浴そう内で体が浮き上がってしまい座位が安定しない。
・浴そうが深い。
・立位でのまたぎ動作は不安なご利用者様がいる。
・既製の入浴台では設置できない。
・浴室内の歩行が不安定な方がいる。

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

木の温かみのあるヒノキ浴そうを設置したが、壁面に取り付けた手すりに掴まっての立位入浴だけでは安心して浴そうに入ることができる入所者様が少ない。浴そう内が深かったが、既製品の浴槽台では、吸盤タイプのものが多くて付かないしサイズも合わない。浴そうに浸かった状態で、体が浮き上がってしまう入所者様もあり安心して入浴ができていない。脱衣所からの移動も歩行が不安定な方がいるので介助を安全に行ないたい。

問題解決のポイント

浴そうのまたぎ動作が不安な入所者様には、より安全な座位入浴をお勧めします。浴そうの縁の高さに合わせた「L型シャワーキャリー CAS-011」を製作。シャワーキャリーなので脱衣所からの移動と安全なまたぎ動作をサポートします。浴そうの中には、自重で沈むタイプで両サイドのグリップに掴まると座位が安定する「グリップ付浴そう内いす」を製作。

ご利用者様の声

グリップが付いた浴そう内いすで、お湯の中でもしっかり体を支えられるようになり、座位が安定しました。浴そう縁の高さに合わせたシャワーキャリーで移動からまたぎ動作まで一連で行なうことができ、安全で安心な入浴環境の整備ができました。

使用した製品シリーズ
  • オーダーシャワーキャリー

  • 浴そう内いす

お問い合わせ

ページトップへ