施設向け

その他

使わない時の車いすをうまく保管したい

施設種類 特別養護老人ホーム
定員 75床
設置目的

保管

使用製品 ・完全オーダー品(車いす保管台車)
現状 ・一時的に増える利用者に合わせ車いすを用意している
・必要のないときはスペースをとってしまって邪魔になる

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

冬季など、一時的に増える利用者の為に、車いすなどの福祉用具を用意しているが、時期によっては使用しないこともあり、使用しない際はスペースをとってしまい邪魔になっていた。また、管理もしずらく出しっぱなしになっていろいろな場所で放置されてしまっていた。

問題解決のポイント

After

保有している車いすのサイズに合わせた保管台車を製作。キャスター付きにして使用しない際は台車に載せていっぺんに倉庫に運んで保管できるようにした。必要になった際は台車ごと持ち出して、すぐに利用できるようにしている。2段式にしてあるので多数の車いすを少ないスペースで管理できるようになった。

ご利用者様の声

スペースをとる福祉用具も一つの台車にまとめて保管できるようになって、邪魔にならずにシーズンごとにうまく使えるようになりました。

お問い合わせ

ページトップへ