施設向け

大浴そう・個浴

浴そうのスペースを有効活用したい

施設種類 デイサービス
定員
設置目的

入浴

使用製品 ・浴そう内すのこ
現状 ・浴そうの入り口にある段差に座っている

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

浴そうが深く、肩までつかれて座るちょうど良い高さの部分がないため、入り口の段差に座るしかない。低い段差は1か所しかないため、1名しか座ることができず、職員による介助動作も行いにくい。
浴そうの周囲にある高い段差では利用者が肩までつかることができないため、身体が冷えてしまう。

問題解決のポイント

After

浴そうの内部に座れるように浴そう内すのこを設置した。浴そうの角が斜めになっているため、既製品では端に寄せることができなかったが、オーダー対応で浴そうの形に合わせて隙間なく端に寄せることができるようにした。また、浴そう入り口付近の通行の妨げとならないように、角を一部カットした。

ご利用者様の声

浴そう内のスペースを有効に活用できるようになり、利用者も肩まで湯船につかることができるようになったためとても良かったです。

"大浴そう・個浴"の施設介護でお困り方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ