施設向け

大浴そう・個浴

またがず安全に入浴の練習をしたい

施設種類 回復期リハビリテーション病院
定員 140床
設置目的

入浴

座位保持

立ち上がり

使用製品 ・浴そう内すのこ
・入浴台
現状 ・四角い浴そう台を使用していたが、浴そうのまたぎ動作に不安がある利用者がいる

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

回復期リハビリテーション病院の日常生活訓練室にある浴室での設置事例。
在宅復帰した際に安全な入浴ができるように実際に入浴の練習を行っている。

問題解決のポイント

After

浴そう内すのこを半面だけ設置することで浴そうへのまたぎ動作だけでなく、浴そう内での座位保持のための浴そう内いすとしても使用できるように製作した。
利用者によっては、浴そう内すのこがあることでまたぎ動作や立ち上がり動作が不安定な場合もあり、取り外しても練習することもできる。

ご利用者様の声

今まで四角い既存の浴そう台のみで練習を行っていたが、日常生活訓練にあわせて用具を変更することでより実践的な練習ができるようになりました。

使用した製品シリーズ
  • シャワーいす・入浴台

  • 浴そう内すのこ・いす

"大浴そう・個浴"の施設介護でお困り方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ