施設向け

大浴そう・個浴

車いすから浴そうに安全に移乗したい

施設種類 ホテル
定員
設置目的

入浴

移乗

立ち上がり

立位保持

使用製品 ・入浴台
現状 ・ユニバーサルルームの浴そうに車いすから安全に移乗することが困難だった

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

車椅子から浴そうへ移乗する際に、現状だとくぼみがあったり、浴そう縁の幅が狭く段差もあって、安全に移乗することが困難なつくりとなっていた。

問題解決のポイント

After

くぼみや段差をなくして安全に移乗ができる、入浴台を設計をした。
健常者も使用する部屋なので、高い頻度で入浴台の出し入れをする必要があるが、安定性を考慮して一体型で作成した。また、極力すき間をなくしてほしいという要望もあったため、すき間は5mm程度とした。

ご利用者様の声

ホテルや納入業者様からはイメージ通りの製品ができたと高い評価をいただくことができました。

使用した製品
  • 入浴用いす/入浴台 マット固定タイプ アジャスター付

"大浴そう・個浴"の施設介護でお困り方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ