施設向け

大浴そう・個浴

脱衣場と洗い場の段差をなくしたい

脱衣場と洗い場の段差をなくしたい
施設種類 病院
定員
設置目的

段差解消

移乗

使用製品 ・入浴台(マット固定タイプ)
現状 ・入院中の脊髄損傷患者が、脱衣場から浴室の洗い場まで段差があり、シャワー浴ができない

※介護保険や障害給付、助成金の対象については管轄行政により対象とならない場合もありますので、
 必ずご注文の前に申請先の行政窓口にご確認ください。

現状の問題点

Before

脱衣場と洗い場の段差をなくしたい(現状の問題点)
  • 脱衣場と洗い場の段差をなくしたい(現状の問題点)

脱衣場と浴室洗い場の境に段差があって、入院中の脊髄損傷患者がシャワー浴できない状況だった。
ユニットバスのドアを引き戸もしくはシャワーカーテンに交換するのが望ましいがユニットバスの構造上交換することができないので困っていた。

問題解決のポイント

After

  • 脱衣場と洗い場の段差をなくしたい(問題解決のポイント)

構造上、ユニットバスのドア交換ができないため、段差の高さに合わせた移乗台を設置して洗い場まで移動することでシャワー浴ができるようになった。

ご利用者様の声

ユニットバスの洗い場まで移動できるようになってシャワー浴ができるようになりました。

"大浴そう・個浴"の施設介護でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

ページトップへ