展示会レポート

ヤザキが出展した展示会の様子をご紹介します。

バリアフリー2014

2014/4/25

【開催日】2014年4月17日(木) ~ 2014年4月19日(土)

【会場】インテックス大阪

4月17日(木)~19日(土)の三日間、障がい者の快適な生活を実現する総合福祉展 「バリアフリー2014」 がインテックス大阪にて開催されました。

阪神淡路大震災が発生した1995年の第1回開催から、今回で20回目を迎える本展は出展者数357社・団体、展示規模1013小間、インテックス大阪1~5号館を使用し、前回(309社・団体、858小間)を大幅に上回る過去最大規模で開催。お天気に恵まれたことも有り、来場者数も全体で大台の10万人超え、昨年に比べ4000人弱増の人出となりました。
また、ケアマネジャーやリハビリ関係者などの介護・福祉関連従事者はもちろん、高齢者・障がい者と、その家族が介護・福祉の最前線を体感できる内容となっており、多くの来場者で賑わっていました。会場では福祉機器・介護用品の展示の他、基調講演やセミナーなど、多彩なテーマで開講されていました。
 
【バリアフリー2014 来場者数】
4月17日(木) 28,821人  晴れ
4月18日(金) 31,427人  雨/晴れ
4月19日(土) 35,757人  晴れ
来場者合計:96,005人
バリアフリー公式サイト

■全20回、出展企業として表彰されました。
今回で20回目を迎える「バリアフリー2014」。
矢崎化工株式会社は、長年ご愛顧をいただいた皆様のおかげを持ちまして、一回目から出展を続けることが出来ました。
「社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会」様、並びに「株式会社 テレビ大阪」様より、感謝状を頂きました。 有難うございました。

■ヤザキブース
ヤザキの福祉用具は、「人にやさしい福祉用具」 をコンセプトに「より快適なくらし」 を実現することや意欲的に自立へ向かえるよう日常生活の中で、お困りな点をサポートさせていただきます。
ヤザキブースではレンタル、住宅改修、福祉用具の三つの部門に分かれた開放感のあるブースで、来場された方々に様々な商品を紹介。

■レンタルゾーン
ヤザキの「たちあっぷ」は、置き型手すりのパイオニアとして確かな技術と信頼(製品)をご使用される方々にお届けして参りました。多くの方からご要望頂き、今ではご使用シーンに合わせて様々なタイプの「たちあっぷ」を取り揃えております。たちあっぷ540は、屋外・屋内兼用でオプションのステップ台をセットで使用すると、段差54cmまで対応いたします。

■住宅改修ゾーン
住宅改修ゾーンでは「ステップ台」、「手すり付ステップ台」や各種屋内手すりを展示いたしました。
屋内手すりの仕様変更!
今まで立ち上げスパンの長さが600mm以下までとして制限していましたが、900mmまで伸ばすことが可能となりました。スパンの変更に伴い今後、手すりを製作する際、従来より部材が少なくスッキリした構造となります。

■福祉用具ゾーン
福祉用具ゾーンでは「ストレッチャー」、「すのこ」、「浴そう内すのこ」や「ロコモマットトレーナー」等を展示いたしました。これら福祉用具は設置場所の環境やご使用される方の身体状況に合わせてオーダーが可能となっています。
前受けくんは、前受けテーブルにもたれ掛かることで、腹圧を掛けやすく排便しやすい姿勢を保つことができます。

年別アーカイブ

ページトップへ