展示会レポート

ヤザキが出展した展示会の様子をご紹介します。

第12回 西日本国際福祉用具機器展 P.P.C 2010

2010/12/14

【開催日】2010年11月11日(木) ~ 2010年11月13日(土)

【会場】西日本総合展示場 新館

西日本地域における最大規模の福祉イベント、
第12回西日本国際福祉機器展が11月11日から3日間、北九州市の西日本総合展示場 新館にて開催されました。

「People-to-People Communication」を一貫したテーマに、高齢者はもとより障がい者の自立と介護をする方の負担軽減を図る用具に社会の関心が集まっています。福祉介護機器に関する最新情報や、広く専門職の研修の場として、また、一般の方々への福祉用具の適切な活用と普及を目的としています。
 
【P.P.C 2010 来場者数】
11月11日(木) 5,581人
11月12日(金) 6,838人
11月13日(土) 7,616人
来場者合計:20,035人
西日本国際福祉用具機器展公式サイト

<ヤザキ・ブース>
ヤザキ・ブースでは 「レンタル品コーナー」、「浴室・福祉用具コーナー」 や 「住宅改修コーナー」 等に新製品や参考出品を展示。
「シャワーいす/ひのきタイプ」では昔を想い起こさせる 「ひのき」 の天板に多く関心を示して頂きました。
また、レンタル品の 「たちあっぷ」は、昨年に比べ認知度が高まっているものの、まだご存知でない方も 「一度試してみたい」 という事で試される方がいらっしゃいました。

<レンタル商品コーナー>
今回は、H.C.R.2010同様、「たちあっぷ・つながるくん」 についての使用説明という事でマイクパフォーマンスを行いました。来場者の多くの方々が足を止め商品説明に耳を傾けてくださり関心の高さを改めて実感いたしました。

マイクパフォーマンス ベッド編

マイクパフォーマンス ふとん編

<浴室コーナー>
浴室コーナーには、「浴槽内たちあっぷ」、「浴室すのこ」、「浴槽内すのこ」「入浴台」等の福祉用具の展示とともに、参考出品の『シャワーいす(ひのきタイプ)』も展示し、目新しいヒノキの天板に多くの方が関心を示してくださいました。

<トイレコーナー>
トイレコーナーでは、「シャワーキャリートイレットタイプ」、「トイレ用たちあっぷ」 及び、「可動式手すり/CFA-8」 を展示。 コンパクトで座面も柔らかく操作性の良いシャワーキャリーに興味をもたれる方、平手すりで置くだけのトイレ用たちあっぷに触れられる方など様々な方が訪れ、にぎわっていました。

<住宅改修コーナー>
一般家庭の壁を見立てたスペースに手すりの事例や、自在ジョイントを使用し自由な形での手すり事例を展示。 また、イレクター手すりの強さを体験して頂くために 「手すり・たわみ試験器」を設置し、各種の手すりの 「たわみ」 度合いを試していただいた事で、イレクターに対しての強度、品質、良さなど再度ご理解いただけたものと思います。

屋内・屋外手すり部材

たわみ試験器 強い!
イレクター手すりなら1300mmまで取付可能

<什器・設備関係コーナー>
福祉用具取扱事業者様へ商品の形状・サイズ、保管スペース、また、作業される方や環境に応じた設備機器のご提案をさせていただきました。

福祉用具取扱い事業者様へのご提案

運搬台車 使用例

年別アーカイブ

ページトップへ